日常生活により生じる一過性の身体的疲労感の軽減をサポート還元型コエンザイムQ10 還元型コエンザイムQ10(CoQ10)とは… コエンザイムQ10は、体細胞のほとんど全てに存在し、エネルギーをつくりだすために必須となる補酵素のひとつで、脂溶性のビタミン様物質です。体内でも合成されます。コエンザイムQ10には、「酸化型」と「還元型」の2種類 があります。 ヒトの体内では、コエンザイムQ10は主に還元型として存在しています。各臓器での還元型CoQ10の割合(%)のグラフ(Aberg et al., Arch Biochem Biopys 295:230, 1992) 私たちの体内にあるコエンザイムQ10の大半は“還元型”として存在します。そのため、酸化型のコエンザイムQ10が本来の力を発揮するためには、一度体内で還元型に変換(還元) される必要があるのです。この変換能力は加齢やストレスにより低下してしまいます。                                            還元型の場合、変換するステップがないため体内でダイレクトに働き、効率よくエネルギー産生をサポートします。
商品ページへ
還元型コエンザイムQ10の働き 還元型コエンザイムQ10のパワーについておおどおり鎌田クリニック(内科・循環器内科・呼吸器内科・リハビリ科)鎌田先生が、解説します! 鎌田先生よろしくお願いします。さっそくですが、疲労とコエンザイムQ10との間にはどういう関係があるのですか?コエンザイムQ10には日常の生活で生じる一過性の身体的疲労感を軽くする働きがあるのですが、その前にまず、どうして疲労を感じるのか、原因を説明しますね。体内にある約37兆個の細胞には「ミトコンドリア」という小さな器官が存在しており、細胞1個あたりにミトコンドリアは数百から数千個あります。このミトコンドリアは「細胞のエネルギー工場」とも呼ばれています。それは、ミトコンドリアが食事から得られた炭水化物、脂肪などの栄養素を燃やして、生命活動に必要なエネルギーを絶え間なく作り出しているからです。細胞が何らかの理由で、エネルギーを十分に産生することができない=エネルギーが不足すると、私たちは疲労を感じると考えられています。 なるほど、自動車のガス欠みたいなものでしょうか。そうですね。 そういうイメージです。一方で、エネルギーの産生時に一緒に発生するのが活性酸素。これが厄介な存在で、活性酸素が増えると細胞が酸化してしまいます。酸化とは、リンゴの切り口が酸素に触れ、茶色に変色し、新鮮さを失っていく現象によく例えられています。そもそも私たちの体には、活性酸素の攻撃から身を守るための抗酸化力が備わっています。しかし、体内の抗酸化成分が不足していると細胞が酸化してしまい、その修復にまたエネルギーが必要になってしまいます。この「酸化ストレス」も疲労感の原因の一つと言われています。それは困りものですね。コエンザイムQ10はどのように日常の生活で生じる一過性の身体的疲労感を軽減するのでしょうか? 2つの機能によって疲労感の軽減に働きかけます。一つ目は、コエンザイムQ10が、ミトコンドリアで“エネルギー産生に必須の役割を果たす”という機能、二つ目は、コエンザイムQ10が体内でつくられる唯一の脂溶性抗酸化物質であるので、エネルギー産生時に生まれる“活性酸素から細胞を保護”する機能です。コエンザイムQ10は、まさにパワーの源になる物質なんですね!鎌田先生ありがとうございました。---Profile--- おおどおり鎌田クリニック 鎌田 潤也先生(医師)専門は循環器病学一般、特に心肺運動負荷試験・心臓リハビリテーション・心臓核医学検査、生活習慣病予防など。日本医師会認定産業医、日a本医師会認定健康スポーツ医、日本内科学会認定内科医、岩手県保険医など多方面で活躍。盛岡で2002年よりおおどおり健康教室を主宰。2019年現在までに200回以上開催し、日々の健康意識向上を目的に、食習慣および運動習慣の重要性を啓蒙している。 つまり、コエンザイムQ10が不足すると、疲労感を感じやすくなります。疲れを感じやすい毎日には、日常の生活で生じる一過性の身体的疲労感をサポートする還元型コエンザイムQ10素材を補うことが有効かもしれません。 いつからか、こんな疲れを感じていませんか?・前の日の疲れが残り、起きたときふとんからなかなか出られない。・朝、目覚めたときも昨日の疲れを感じる。・夕方、仕事でもうひと頑張りがきかなくなった。・最近、すぐに疲れる。・休日に休みたいとしか思えない。・疲れていて以前より、家事や仕事がはかどらない。・仕事、家事、子育てと、忙しい毎日の疲れが抜けず、ついつい手抜きをしてしまう。 コエンザイムQ10は加齢に伴い、体内での存在量は減少傾向 年齢を重ねるにつれ、疲れを感じやすくなった方も多いのではないでしょうか?体内でのコエンザイムQ10は20歳頃をピークに、年齢を重ねるごとに減少する傾向にあります。これからの健康を維持するために!身体的な疲れを感じにくい毎日を目指して、還元型コエンザイムQ10素材を意図的に補うことをおすすめします。
商品ページへ
日常生活により生じる一過性の身体的疲労感の軽減をサポート!【機能性関与成分】還元型コエンザイムQ10 還元型コエンザムQ10(CoQ10)とは… コエンザイムQ10は、体細胞のほとんど全てに存在し、エネルギーをつくりだすために必須となる補酵素のひとつで、脂溶性のビタミン様物質です。体内でも合成されます。コエンザイムQ10には、「酸化型」と「還元型」の2種類 があります。 ヒトの体内では、コエンザイムQ10は主に還元型として存在しています。各臓器での還元型CoQ10の割合(%)のグラフ(Aberg et al., Arch Biochem Biopys 295:230, 1992) 私たちの体内にあるコエンザイムQ10の大半は“還元型”として存在します。そのため、酸化型のコエンザイムQ10が本来の力を発揮するためには、一度体内で還元型に変換(還元) される必要があるのです。この変換能力は加齢やストレスにより低下してしまいます。還元型の場合、変換するステップがないため体内でダイレクトに働き、効率よくエネルギー産生をサポートします。
商品ページへ
還元型コエンザイムQ10の働き 還元型コエンザイムQ10のパワーについて おおどおり鎌田クリニック(内科・循環器内科・呼吸器内科・リハビリ科)鎌田先生が解説します! 鎌田先生よろしくお願いします。さっそくですが、疲労とコエンザイムQ10との間にはどういう関係があるのですか? コエンザイムQ10には日常の生活で生じる一過性の身体的疲労感を軽くする働きがあるのですが、その前にまず、どうして疲労を感じるのか、原因を説明しますね。体内にある約37兆個の細胞には「ミトコンドリア」という小さな器官が存在しており、細胞1個あたりにミトコンドリアは数百から数千個あります。このミトコンドリアは「細胞のエネルギー工場」とも呼ばれています。それは、ミトコンドリアが食事から得られた炭水化物、脂肪などの栄養素を燃やして、生命活動に必要なエネルギーを絶え間なく作り出しているからです。 細胞が何らかの理由で、エネルギーを十分に産生することができない=エネルギーが不足すると、私たちは疲労を感じると考えられています。なるほど、自動車のガス欠みたいなものでしょうか。そうですね。 そういうイメージです。一方で、エネルギーの産生時に一緒に発生するのが活性酸素。これが厄介な存在で、活性酸素が増えると細胞が酸化してしまいます。酸化とは、リンゴの切り口が酸素に触れ、茶色に変色し、新鮮さを失っていく現象によく例えられています。 そもそも私たちの体には、活性酸素の攻撃から身を守るための抗酸化力が備わっています。しかし、体内の抗酸化成分が不足していると細胞が酸化してしまい、その修復にまたエネルギーが必要になってしまいます。この「酸化ストレス」も疲労感の原因の一つと言われています。それは困りものですね。コエンザイムQ10はどのように日常の生活で生じる一過性の身体的疲労感を軽減するのでしょうか? 2つの機能によって疲労感の軽減に働きかけます。一つ目は、コエンザイムQ10が、ミトコンドリアで“エネルギー産生に必須の役割を果たす”という機能、二つ目は、コエンザイムQ10が体内でつくられる唯一の脂溶性抗酸化物質であるので、エネルギー産生時に生まれる“活性酸素から細胞を保護”する機能です。 コエンザイムQ10は、まさにパワーの源になる物質なんですね!鎌田先生ありがとうございました。 ---Profile---おおどおり鎌田クリニック 鎌田 潤也先生(医師)専門は循環器病学一般、特に心肺運動負荷試験・心臓リハビリテーション・心臓核医学検査、生活習慣病予防など。日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本内科学会認定内科医、岩手県保険医など多方面で活躍。盛岡で2002年よりおおどおり健康教室を主宰。2019年現在までに200回以上開催し、日々の健康意識向上を目的に、食習慣および運動習慣の重要性を啓蒙している。 つまり、コエンザイムQ10が不足すると、疲労感を感じやすくなります。疲れを感じやすい毎日には、日常の生活で生じる一過性の身体的疲労感をサポートする還元型コエンザイムQ10素材を補うことが有効かもしれません。 いつからか、こんな疲れを感じていませんか? ・前の日の疲れが残り、起きたときふとんからなかなか出られない。・朝、目覚めたときも昨日の疲れを感じる。・夕方、仕事でもうひと頑張りがきかなくなった。・最近、すぐに疲れる。・休日に休みたいとしか思えない。・疲れていて以前より、家事や仕事がはかどらない。・仕事、家事、子育てと、忙しい毎日の疲れが抜けずついつい手抜きをしてしまう。 コエンザイムQ10は加齢に伴い、体内での存在量は減少傾向 これからの健康を維持するために!身体的な疲れを感じにくい毎日を目指して、還元型コエンザイムQ10素材を意図的に補うことをおすすめします。
商品ページへ
ページトップに戻る

ページトップに
戻る